記事一覧

#750 中央防波堤埋立地の帰属めぐる調停打ち切り 大田区の提訴理由は? 

全国的にそれなりの関心を集めた東京都江東区と大田区の「領土問題」について。東京湾の中央防波堤埋立地の帰属問題は、概ね江東区分を9割とする東京都の調停案受け入れを大田区が拒否し、江東区を相手取った訴訟に発展することになった。 (東京都)=再掲大田区が調停案受け入れの拒否をした理由を考えてみる。...

続きを読む

#533 臨海部BRT、本格運行は平成36年? 環2本格開通遅れで計画凍結も 市場移転延期の影響

 小池知事による豊洲移転判断の遅れは、環状2号線のトンネルによる本格開通を平成31年末から東京2020大会後(おそらく平成35年)まで遅らせる結果を招いた。臨海部BRTのレベル3自動運転開始にはさらに1年程度必要とみられる。 臨海部BRTは、交通需要が逼迫する中央区や江東区臨海部と都心部を結ぶ交通機関として計画された。自動運転や正着制御を含む先進機能満載の公共交通機関として、東京2020大会に間に...

続きを読む

#525 中央防波堤埋立地、どう分ける? 江東区と大田区の「領土問題」は調停へ

江東区と大田区による中央防波堤埋立地の帰属をめぐる「領土問題」は両区の協議ではまとまらず、東京都による調整に従うことになるようだ。調停申請は区議会の議決を経て、7月になる見通し▼東京湾埋め立て地帰属問題、江東・大田両区の協議決裂  :日本経済新聞 https://t.co/VQScf0VAWZ— どらったら! (@Chuoinfom) June 22, 2017 この場合、100:0の決着は考えにくい。 (東京都環境公社)そこで、どう分割されるの...

続きを読む

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム