記事一覧

#106 ブリリア豊洲ランスタで竣工説明会 期間限定施設、6年後に解体の方向と説明

平成28年12月5日、江東区豊洲6丁目に建設が進められていた「ブリリア豊洲ランニングスタジアム」の竣工説明会が現地で行われた。興味があったので見学してきた。



IMG_8695.jpg
(中の人撮影)


入り口の外観はこんな感じ。
IMG_8708.jpg
(中の人撮影)


正面を入ると受付スペース。トイレ、ロッカーやシャワースペースも。バリアフリー対応というより、それが基本になっている。
IMG_8730.jpg
(中の人撮影)



ここは、アスリートの方が用具を装着したり、競技後に汗を流したりすることができるスペース。こちらは男性側で3ブースあった。
IMG_8725.jpg
(中の人撮影)


鮮やかな青色のトラックが6レーン。リオデジャネイロオリンピックの陸上競技場と同じ材質のトラック。イタリア製。
IMG_8718.jpg
(中の人撮影)



(会場での説明)
施設の目的はパラリンピックを目指すアスリートがメダルを獲得すること。為末大さんの発案で実現。
①アスリートのトレーニング施設。
②ユースのランニングスクール
③義足開発
④スローレーベルによるパフォーマンスのトレーニング。
その他。まだオープンしていないぐるり公園に関連して一般の方々のためのランニングステーションとして、シャワー貸し出しなどをする。これらはホームページで告知する予定。

この施設は期間限定で6年後におそらく解体される施設。
解体後、いかにして他のところに綺麗に持っていくかがテーマ。
ユニットごとトラックで運べるような工夫がしてある。

工費は東京建物が4億円+国土交通省の補助金(最大7890万円)を使っている。

6年後ということについて、2020年の12月まで土地を借りていて、それから先、いろいろ進んでいく中で土地の延長もあるかと思う。その辺は少しフレキシブルに考えている・・・
(説明ここまで)


いろいろな構造が検討されたようだ。
IMG_8739.jpg
(中の人撮影)



予想はしていたが、一般利用はトイレ、シャワー程度となりそう。
IMG_8745.jpg
(中の人撮影)


関連エントリはこちら。
#73 ブリリア豊洲ランニングスタジアムのトラックは鮮やかな青に 平成28年11月下旬
#948★新豊洲ランニングスタジアムでオープニングイベント 平成28年12月10ー11日(どらったら!)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム