記事一覧

#146 一人乗りEVカーシェア、丸の内でスタート 先行事例で事業化断念のケースも 報道より

何回か書いてきた丸の内のEVカーシェア社会実験は本日スタート。

どれだけ利用してもらうかは重要だが、利用の偏在も大きな課題。

 都心区のシェアサイクル、横浜市の二人乗りEVの事例を見ると、需要が期待できる都心部のEVカーシェアは利用の偏りが最大の課題かもしれない。再配置コストがバカにならないようだ。


利用が伸びずに事実上打ち切られた横浜(二人乗りEV)の例(平成25〜27年実施)。

カーシェア実験 先行の横浜市は打ち切り 平日利用伸びず  :日本経済新聞(平成28年12月20日)


記事概要
・横浜市が日産自動車と二人乗りEVを使った実証実験(平成25年〜27年)。利用者が想定ほど伸びずに打ち切られた。
・料金は1分20円の設定。市内60カ所で「乗捨」利用可能
・2年間の利用回数は56000回、7000人。
土休日の観光利用は多かったが、ビジネス目的の平日利用が停滞し、費用回収ができなかった。
・返却場所がみなとみらい21地区などに集中。運び戻しの費用が想定以上にかかった。
・100台まで書く愛する計画は50台どまり。
現在3カ所で貸し出し継続。



これ↓が続いているのかもしれない。
(3カ所10台で貸し出し、返却ステーションは24カ所)
名称未設定
(横浜市)=平成28年3月

日産ニューモビリティコンセプト「チョイモビ」(日産自動車)




事業化に向けたハードルは高かったようだ。ビジネス利用が期待出来る丸の内ではどうなるか。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム