記事一覧

#150 幕張新都心若葉住宅地区にバスの新規路線開設 4500戸規模の大規模開発に先駆け

京成バスが平成28年12月20日付で、千葉市の「幕張新都心若葉住宅地区」の周囲を通るバス路線を新規開設したとアナウンスした。


名称未設定
(千葉県)

この地区では平成41年の最終入居を目標に、4500戸前後の巨大マンション群の開発が進められている。今回の路線新設は今後をにらんだものだろう。

中の人にはあまり興味がないけれど。

開設がアナウンスされた新路線について
名称未設定
(京成バス)


新規路線は1日わずか3本の運行だが、開設済みのようだ。



(参考)幕張新都心若葉住宅地区:事業計画概要

名称未設定
(千葉県)

千葉県の資料(平成28年3月末)時点では
 供給戸数 4515戸
 事業期間 15年間
 総事業費 約1800億円
となっている。


全体をA区画とB1〜7区画の8区画とし、
A区画は低層の店舗、B区画はB−1区画で最高10階建ての505戸、B−2~B−7区画で最高46階建てのタワー住棟を配置するとしていた。


日刊工業新聞の報道(平成28年12月6日付)では、タワー棟については、B−7街区で37階建て・高さ133mが建設中で、B−2街区は48階建てなど6棟の構成で以前示されていた797戸から若干増えて835戸、店舗、駐車場となるそうだ。


こんな感じかな。
B1 3・9ヘクタール 505戸(平成36年度入居)
B2 2・5ヘクタール 797戸→835戸?(平成32年度入居)
B3 2・1ヘクタール 675戸(平成33年度入居)
B4 2・1ヘクタール 714戸(平成39年度入居)
B5 2・5ヘクタール 703戸(平成41年度入居)
B6 1・7ヘクタール 482戸(平成38年度入居)
B7 2・1ヘクタール 639戸(平成31年度入居)


最初の入居から最後の入居までほぼ10年。超長期の開発になる。


そして、周囲はこんな感じ。京葉道路との間に学校があるため、騒音の問題はそれほど大きくはならない気がする。
名称未設定
(千葉県)




新都心営業所 若葉地区 系統新設等に伴うダイヤ改正について (京成バス)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム