記事一覧

#151 環状2号線の豊洲〜晴海間、平成29年度前半に先行開通の方針 東京都、警視庁と協議へ 報道より

晴海選手村の工事で大型車両の通過が増える地元の強い反発を受けた東京都の動き。
日本経済新聞の報道。


先行開通するのは図の青い部分(豊洲大橋を含んだ区間)になるだろう。
IMG_8774.jpg
(東京都)=再掲


現段階では「開通させる方針」
どまり。決定事項ではない。
警視庁と今後、協議を開始するということらしいので、先行開通には少し時間がかかると思う。
晴海選手村の工事はこれで進むかもしれないが、肝心なのは築地区間。

あまり期待はできない。


報道より

東京都は都心と臨海部を結ぶ幹線道路、環状2号(環2)の未開通区間のうち、豊洲―晴海間を2017年前半にも開通させる方針だ。近く警視庁と協議を始める。晴海で20年東京五輪の選手村の建設工事を円滑に進める目的で、工事車両の通行路を確保する。未開通区間には移転延期中の築地市場(中央区)が含まれる。市場周辺以外を先に通れるようにして、五輪工事への影響を防ぐ。
(日本経済新聞)=平成28年12月21日




環状2号の未開通区間、豊洲―晴海先行開通へ 五輪工事対応(日本経済新聞)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム