記事一覧

#177 試練の小池都政(1) 報道より

かなり批判的。「実行力が問われる1年」と結ぶ。



日本経済新聞(平成29年1月5日)記事概要
・五輪準備はリオ大会後加速するはずが都知事の交代で停滞
・競技会場見直しの混乱は年末にようやく落着
・分散した競技会場の費用負担など積み残し。残された時間は少ない

・手のひらを返すような案が浮かんで消えたことが混乱に拍車をかけた
・都調査チームが現地自治体の費用負担を突如提示。都議会などで波紋広がる

そして・・・

▼周辺自治体の知事反応
・埼玉・上田知事「奇っ怪なことに大変不愉快な思いをしている」
・神奈川・黒岩知事(費用負担問題・18年に開くセーリングの事前競技会念頭に)
「本当に時間がない。既にタイムリミットを過ぎている」
・千葉・森田知事(費用負担問題で)
「原則はもう決まっている。費用負担の協議なら意味がない」



▼そのほか
・海の森水上競技場は見直しのあおりで基幹工事着手が半月遅れた
・築地移転延期で環状2号開通遅延。選手村工事は開通前提。工事車両の周辺道路流入に地元住民が懸念。予定通りの着工が危ぶまれている


・小池知事の実行力が試される1年になる



中の人はPT議事録などを見た上で、
小池知事に対する現段階での評価を見合わせている。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム