記事一覧

#186 昭和59年から平成28年の東京・湾岸エリア

昭和の終わりから平成にかけて、東京湾岸一帯の画像が公開されていた。昭和59年(1984年)から10年ごとに切り出してみた。なかなか興味深い。
変化がよくわかるのは海面埋立地と有明北地区。
最初は昭和59年。レインボーブリッジはまだない。東京ディズニーランド開園翌年の状況。
1984.jpg
(グーグル)


10年後(平成6年) 有明北地区はまだ貯木場だったころか。東京ディズニーシーはまだ開園していない。
1994.jpg
(グーグル)

20年後(平成16年) 新海面処分場造成進む。有明北地区で水面だった部分の半分ぐらいが埋め立てられている。東京ディズニーシー開園から3年。新浦安のエリアが一気に華やいだ感がある。
2004.jpg
(グーグル)


平成28年 ゲートブリッジが繋がっている。この12年で埋め立てられた新海面処分場の面積は多くはないが、余裕があるわけでもない。
2016.jpg
(グーグル)

切り出しは一年ごとに可能だが、特徴的な4枚を取り上げた。







(グーグル)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム