記事一覧

#196 モスクワで「平年比」21度低い日も 年明けに猛烈寒波襲来、来週にも再び?

きょう(平成29年1月14日)は全国を寒波が襲い、ものすごく寒かったが、ヨーロッパ中部からロシア西部ではそれどころではなかったらしい。年明け平成29年1月6日から猛烈な寒波が襲い、気温が平年より10度以上低い日が続いた。


平年より20度以上低かった場所もあったそうだ。



日平均気温平年差の分布図(1月6日〜10日、5日間平均)

map01_20170111.png
(気象庁)

 モスクワが含まれる一番濃い青は日平均気温平年差(5日間平均)がマイナス12度以下。モスクワでは1月7日に日最低気温マイナス29・9度、日平均気温はマイナス27・2度で平年値に比べて21度低かったそうだ。


timeseries01_20170111.png
名称未設定
(気象庁)


 赤線 日最高気温
 緑線 日平均気温
 青線 日最低気温
 緑点線は日平均気温平年値


 気象庁の数値予報モデルの予測によると「ヨーロッパ中・東部では、今週末から来週前半にかけて、再び寒気が南下して平年より気温が低くなる見込みとなっている」らしい。


 外を走れる程度の寒さならいいけどねえ。


ヨーロッパ中部からロシア西部にかけての顕著な寒波について(気象庁)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム