記事一覧

#201 流山市、予想以上の人口急増に当惑 報道より 豊洲エリアに通じる部分もあるかも

人口急増の流山市のケース。保育施設や小学校の不足が課題。将来の人口急減、急速な高齢化への対応も課題。豊洲エリアに通じる部分もるかもという感想。



日本経済新聞(平成29年1月16日)より



▼記事概要
・流山市の人口が18万人を突破、予想以上の人口流入に当惑も。一部では急激な人口増に歯止め策をという声が出始めた
・人口は平成28年だけで5000人近く増えた
・TX開通をきっかけに宅地開発の好機ととらえた市は、共働き世代に的を絞った移住政策を促進



▼人口増加「評価」の一方で、ひずみも
・保育園は現在38園、平成29年4月に8園新設、707人定員増。それでも追いつかず。待機児童は平成28年、前年の3倍(146人)に急増
・都心へのアクセスがよく、保育士確保がより給与の高い都心などへ流出して確保困難。
・開校したばかりの小学校は翌年に増築を決定したが、それでも追いつかず、新設検討を市長が表明。


記事は「今は若くエネルギーのある街も、いずれは人口減少と急速な高齢化に直面する。そのときを見据え、切り替えをいまからどうするかが次の課題」と結ぶ。

・・・

立地は異なるが豊洲エリアにも当てはまる部分がありそうな印象。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム