記事一覧

#213 これで一段落かな 既製支持杭を施工した区有施設調査結果 江東区

一連の基礎杭データ流用問題、江東区有施設でも発覚していたが「問題無し」ということで一段落しそう。平成29年1月16日に江東区が現況について公表した。



▼概要
1.調査結果

 過去10年間に既製支持杭を使用した区有施設43件のうち、38件はデータ流用のないことを確認。第二亀戸中学校、豊洲北小学校(第一、第二、第三校舎)及び児童・高齢者総合施設(グランチャ東雲)の5件では杭の施工記録のデータ流用あり。ただ、43施設すべてで建築物の現況調査により施設の安全性確認。
 第二亀戸中学校、豊洲北小学校及び児童・高齢者総合施設(グランチャ東雲)は、保護者等への説明会、調査結果報告会をすでに終了。


2.今後の区の対応
 流用があった施設では、年1回の建築物の現況調査による経過観察を続け、施設の安全性を把握。工事請負者等に対しても一定期間、建築物の傾きやひび割れ等の調査点検を求める。



3.再発防止
 工事記録の適正な作成や確認などの品質管理の徹底を図る。施工者や工事監理者に構造上重要な工程の立会や記録の点検及び確認を随時行う。施工中に疑義等が生じた場合は、速やかに区の監督員への報告徹底など、きめ細かく工事監督。



4.経過観察の報告(平成29年1月)
 流用があった施設の現況を調査。建築物の傾きやひび割れ等の調査点検を行い施設の安全性確認。工事請負者による調査でも施設の安全性確認。

・・・

 この問題は一段落といえそう。


既製支持杭を施工した区有施設の調査結果について(平成29年1月更新) (江東区)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム