記事一覧

#230 築地市場の水産仲卸団体の理事長選挙に注目集まる 報道より

築地市場移転推進派の現職への風当たりが強まる中、平成29年1月31日に行われる築地市場の水産仲卸団体の理事長選挙が注目を集めているそうだ。(日本経済新聞、平成29年1月26日)



▼記事概要
・築地市場の水産仲卸団体(東京魚市場卸協同組合「東卸」)の理事長選挙が波乱含みに
・豊洲市場への移転が不透明感を増し、移転を推進してきた現職への風当たりが強まっている
・選挙には「築地市場の中の世論」の意味合いも。市場関係者が注目している
・「東卸」は600の事業者が対象。一番意見集約が難しい業界。
・現職が当選した前回平成25年の選挙では賛否同数。意見調整と投票を繰り返してやっと推進派の当選が決まった

・・・

 現職は移転推進派。今回は逆風?。
 慎重派が通ったらどうなるんだろうね。


(リンク)
 波乱含みの仲卸団体理事長選 築地、移転問題で混戦模様 (日本経済新聞、平成29年1月26日)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム