記事一覧

#225 閑散時間帯のタクシーに自治体が補助 最大5割引き、区域限定で実証実験へ

茨城県水戸市で平成29年2月1日から、閑散時間帯のタクシーを自治体が借り上げ、最大5割引の運賃で住民に利用してもらう実証実験が行われるそうだ。



▼実証実験概要

期間 平成29年2月1日から3月31日
地域 茨城県水戸市内 国田地区を拠点に実施

無題 
(国土交通省)



車両数 2台
割引運賃 タクシー事業者が水戸市と時間制運賃による借り上げ契約を行う際、閑散時間帯における5割までの割引運賃を認める

利用方法
 午前10時から午後4時までに利用者が直接タクシー事業者に予約
 運行の目的地は病院や路線バスターミナルに限定
 国田地区の住民は1回の運行につき500円か1000円で利用可能とする
  500円:国田地区~交通結節点(茨城交通営業所、JR駅)
 1000円:国田地区~医療機関・水戸市役所



・・・



 うーん、地域に加え行き先限定か。
 しかもわずか2台。
 公費を使うので仕方がないか。


 今後の進展の方に注目したい。
 簡単には広がらないかな?


(リンク)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム