記事一覧

#232 「江戸」と「西欧」、屋上庭園は2つのコンセプト GINZA SIXは31日、ついに竣工

GINZA SIX(中央区銀座6)の屋上に設置される「屋上庭園」について、概要が示されていた。「自然に親しむ近世江戸の庭園文化」と「街の賑わいを楽しむ西欧の広場文化」の融合なのだそうだ。


  IMG_8882.jpg
(中の人撮影)


本体建物の竣工は平成29年1月31日。




▼屋上庭園概要
・面積約4000㎡。銀座エリア最大の屋上庭園
・地上13階、高さ約56mの建築物屋上に設置
・屋上庭園の約56%にあたる約2200㎡の緑地
・広場は「芝生敷き」「水盆」の2種類で構成



名称未設定

project-4.jpg
(銀座六丁目10地区市街地再開発組合)


 細かく見ていくと、中央通り側にはあふれる森林ゾーンとして四季の変化を感じられる高木、低木の植栽がなされるほか、2箇所の「憩いの広場」、屋上の外周約370mに植栽を施した回遊広場が設けられ、回遊部分の一角の三原通り側に(再開発前にあった)「稲荷神社」が移設される。


四季の植栽のイメージも公表されている。
名称未設定
名称未設定
(銀座六丁目10地区市街地再開発組合)


春は桜、秋はカエデと四季の変化が楽しめそう。



▼今後のスケジュール
平成29年
 1月31日 本体建物竣工予定
 2月1日 オフィス入居開始
 4月20日 商業施設開業(予定)


・・・

 オープンが待ち遠しい施設の1つだ。



(リンク)
 PROJECT(GINZA SIX)

 『緑の創出により社会・環境に貢献する開発事業』として認定を取得 (銀座六丁目10地区市街地再開発組合)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム