記事一覧

#248 国が自動運転の安全基準を初めて策定へ  報道より

この秋にも国土交通省が自動運転に関する初めての安全基準をまとめる方針を固めたそうだ。ただ、今回は「レベル2」にとどまる。(毎日新聞、平成29年2月1日)



▼概要
 国交省が対象としているのはレベル2の自動運転。アクセル、ブレーキ、反動操作のうち複数を自動化するもの。すでに実用段階にある。

国交省がまとめる方向の安全基準はこんなかんじ

①リモコン使用を車から6m以内の場所に限定し、ドライバーに目視確認を求める
②駐車時には時速10キロ以下しかスピードが出ない。歩行者、障害物の検知で停止する機能の義務づけ。
③車線維持機能はハンドルを握って運転することが前提。ハンドルから最長15秒手を離した状態が続くと警告。
④速度に応じて曲がれるカーブの角度を規定
⑤ドライバーが危険を感じたら直ちに手動制御に戻す。


・・・

 小さな前進。 


(リンク)
 初の安全基準策定へ 駐車技術に規制(毎日新聞、平成29年2月1日)
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム