記事一覧

#264 東京都が完全自動運転の実証実験へ 平成28年度中に羽田空港周辺の公道 報道など

東京都が完全自動運転の実証実験に乗り出すことを正式表明。平成28年度中に羽田空港周辺の公道でスタートするそうだ(日本経済新聞、平成29年2月10日)。


名称未設定 2
(内閣府)
 


国家戦略特区会議で東京都が提案。

名称未設定
(内閣府)
 



▼概要
 東京都、大田区、自動車メーカーなどが参加し、実験方法を決める。
 当初は公道封鎖、人による遠隔操作などで安全に配慮
 自動運転の最新技術を実験する場合に現行法の規制を一時的に停止する「サンドボックス特区」として体制を整える。



※これをみると、具体的に何か決まっているわけではないらしい。



・背景 警察庁が平成29年3月に「遠隔制御する人がいればドライバーが載っていなくても自動運転の実験ができる」という指針をまとめる方針。政府は特区限定で「人が関与しない遠隔操作」の実験を認められるように規制を緩和する方針。


・・・


何かが決まっているわけではないようだが、報道によると自動運転の実現時期は「目指すのは東京五輪」(小池知事)だそうだ。



(参考)日本経済新聞(平成29年2月10日)
名称未設定 3


・・・・

 臨海部BRTの「レベル3」自動運転は、定時性・速達性とも潰された形になっているので、かなり醒めた目でみている。



(リンク)=内閣府
 「東京都 自動走行サンドボックス分科会」の設置について
  東京都提出資料
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム