#267 国産初の連節ハイブリッドバス 平成31年、市場投入へ 臨海部BRTへの導入期待

トヨタ系の自動車メーカー、いすゞと日野自動車が国産初のハイブリッド連節バスを共同開発することで合意したそうだ。平成31年の市場投入が目標。そうなると、当然のことながら東京臨海部のBRTへの導入が期待される。


開発車両イメージはこちら。



▼イメージ
0436263_01.jpg
(いすゞ)


 国内法に合わせた車両サイズとし、環境負荷に配慮したハイブリッドシステムとするそうだ。
 
・・・

 ドイツ製の連節バスを輸入して使うしかなかったので、国産連節バスには自動運転「レベル3」対応を含めて期待したい。


 ただ、環状2号線の築地区間の本格開通が見通せなくなっている以上、導入されたとしても定時性・速達性を備えた自動運転タイプのBRTではなく、オリンピック後も、しばらくは「ただの大型連節路線バス」となるだろう。


 それがとても残念。


(リンク)
 いすゞと日野、国産初のハイブリッド連節バスを共同開発 (いすゞ)

 #43 BRTは当面、ただの大型路線バスになることが確定か 残念
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

BRTは?

仮開通の環状2号線では、道路幅が狭くて連結バスは曲がれないと思います。

Re: BRTは?

中央区が独自のBRTを検討した際、連節バスの最小回転半径は11mほどで環状2号線の側道から新大橋どおりに曲がれる想定でした。実際にはどうなんでしょうね。
プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア