記事一覧

#307 臨海部BRTの運行開始は不透明に 市場移転延期の影響、次第に拡大

平成31年内に運行開始予定の臨海部BRT。
どうやら運行開始が不透明になってきているようだ。



▼理由
・BRTの事業計画では平成31年内に運行開始としているが、運行には環状2号線の本線整備が大きく関わる。
・交通需要が逼迫していることから暫定道路を活用した運行を検討している。
・暫定道路の開通は当初計画では平成28年度内だったが、市場移転延期に伴い暫定道路を含め、開通のめどが立たなくなっている

・こうしたことから、BRT運行は先行きが見通しにくい状況になっている。
(中央区)

・・・


(参考)臨海部BRT沿線
名称未設定
(東京都)


 BRT沿線の臨海部の多くは公共交通の利便性が高いとは言い難い場所。BRTはそれを補う役割を担っている。一連の問題は豊洲市場の移転の話というより、環状2号線の開通遅延問題といったほうがしっくりくるなあ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム