記事一覧

#317 選手村地区エネルギー整備計画案まとまる

中央区晴海5丁目の選手村地区のエネルギー計画案がまとまった。
事業本格化は東京オリンピック後の平成34年より後という感じ。


無題
(東京都)



以前にも触れた内容だったかな。



▼エネルギー整備計画の全体像

 系統電力+水素+排熱などの組み合わせとなるそうだ。
無題 
(東京都)


そのほか
「晴海地区の水素供給事業においては、将来的に多数のFCバスが走行する地域の特性を生かし・・・」という表記も。


▼整備予定地
無題 
(東京都)

無題 
(東京都)



面積は約4800㎡(商業地域)


 化石燃料を使ってここで水素を作る方法と、外部から水素を運び込む方法の両方が検討されるようだ。ただ、ここではBRTやFCバスの運行が予定されていて、大量の車両に短時間で「給水素」する必要がある。化石燃料を使ってここで水素を作る方式を想定した場合、水素の充填には20~30分もかかるため、供給能力の向上が必要になってくるようだ。



▼街区供給

 水素ステーションから純水素燃料電池に水素をパイプラインで供給する方法。総延長は選手村内で1・2キロほどになるようだ。下図は敷設イメージ。

無題
(東京都)



▼スケジュール
無題 
(東京都)


 これを見る限り、水素供給、家庭用燃料電池、熱供給などの本番は平成34年度以降ということになりそう。

・・・


 これも環状2号線があって、やっと意味があるものになるのにね。



(リンク)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム