#329 近未来の3人乗りEVを公開 トヨタ「i-TRIL」 都心部実証実験への新型導入を期待!

ジュネーブで開催されているモーターショーに「近未来の都市型モビリティライフを提案するコンセプトモデル」としてトヨタ自動車が「TOYOTA i-TRIL」を披露した。3人乗りの小型EVとなっている。

 i-TRILの「i」は私、「TRIL」はTRIple(3人)とLean(リーンテクノロジー)を組み合わせた造語という説明。



▼概要(主要諸元)
20170307_02_01.jpg
(トヨタ)


全長 2830ミリ
全幅 1500ミリ
全高 1460ミリ
ホイールベース 2080ミリ

乗車定員 3人
空車重量 600キロ
パワートレイン 電動モーター
1回充電走行距離 200キロ以上


面白いのは前列は中央に運転手1人、後列に2人乗るタイプということ。
20170307_02_14.jpg
(トヨタ)

わかりにくいかな。その他、左右車輪が上下して車体の傾きを最適自動制御する機構を搭載していることなどがあるようだ。




都内では100箇所ほどで乗り捨て可能な超小型モビリティによる実証実験が進められている。配置ステーションもかなりの高い密度で配置されている。
名称未設定
(Times Car PLUS ✖️ Ha:mo)=平成29年3月現在



近い将来、コンセプトモデルをベースにした新型車両が登場するかも。
期待したい。


(リンク)
 TOYOTA、ジュネーブモーターショーで近未来の都市型モビリティのコンセプトモデル「TOYOTA i-TRIL」を初披露 (トヨタ自動車)
 Times Car PULS ✖️Ha:mo (タイムズカープラス)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア