記事一覧

#345 臨海部BRTの運行会社設立延期へ 「平成32年までの開業方針は変更なし」 報道より

小池知事が独断で豊洲市場の移転延期を決めた影響が表に出てきたようだ。

東京都と京成バスが「都心と臨海副都心とを結ぶBRT」(臨海部BRT)の運行会社設立の延期を決めたという報道があった。(朝日新聞、平成29年3月18日)


築地市場から豊洲市場への移転延期により、運行ルートの整備のめどが立たなくなったためだそうだ。


(参考)
0436263_01.jpg 
(いすゞ)=市場投入予定の国産初のハイブリッド連節バス


⬆︎路線投入が遠のくなあ。


どんな記事か。




▼記事概要
・東京都と京成バスが臨海部BRTの運行会社の設立延期方針。
・築地市場➡︎豊洲市場の移転延期で運行ルートのめどがたたないため。
・大会で輸送の柱となるシステムの開業に不透明感が漂ってきた


・運行会社の設立時期は平成29年春ごろを予定していた。
・環状2号線の開通時期、ルートが見通せず、延期を決めた。
・設立時期は、平成29年夏以降とされる市場移転の判断次第。
・平成32年の東京大会までにBRT開業を目指す方針は変わらない
・平成31年中に予定した開業が遅れる可能性は否定できない



▼スケジュールへの影響
名称未設定 

名称未設定 
(東京都「事業計画」より)=一部加筆



 BRTの運行にあたっては、平成29年春ごろに新たに会社をつくる予定になっていた。そして平成31年にも豊洲〜晴海〜勝どき〜新橋〜虎ノ門バスターミナルでの運行開始が計画されていた。

名称未設定 
(東京都「事業計画」)


・・・


 環状2号線は暫定道路の開通のめども立たない状況となったことはすでに書いた通り。臨海部BRTへのレベル3自動運転の先行導入は風前の灯だろうし、予想されていたことではあるが、暗い気持ちにならざるをえない。


 近く発表があるだろう。


 これは全く混乱回避の努力を見せていない小池知事の責任と言われても仕方がない。


(リンク)

(関連エントリ)

 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム