記事一覧

#353 「BRTの運用延期を検討」 地価公示の関連報道(平成29年3月21日)より

地価公示に伴う記事に次のような表記があった(日本経済新聞、平成29年3月22日)

(東京臨海部)
・東京臨海部ではマンション建設とともに人口が急増、公共交通の混雑が深刻化。
・出勤時間帯の地下鉄のホームや駅周辺の道路は人で埋め尽くされ危険を感じる人も


・交通インフラは人口増に追いついていない
・都心部に比べると鉄道網は十分に整っておらず都心方面への幹線道路も少ない
・築地市場の移転延期で、当初は平成28年中に暫定開通予定だった環状二号線(豊洲~新橋)の完成も見通せなくなった
・東京都は新たな足としてBRTの運用を平成31年度に始める予定だったが、延期を検討せざるを得ない状況


・人口増加の影響は子供の保育や教育の場にも及んでいる
(江東区)
・平成29年4月の認可保育施設の入所倍率1・7倍(23区中4位)
・平成28年4月の待機児童数277人(前年比+110人)
「入所希望者の増加に追いつかず、待機児童ゼロがいつになるか全く分からない」(区担当課)
・小学校の用地不足も深刻


(中央区)
・平成25年以降小学校6校で増改築。東京五輪後、人口1万人以上増える見通しで、一段の新設も予定。


・・・


転入したとしてもこういう現状だということを、
中央区と江東区はもっとアピールしていいと思うね。


(リンク)
 公示地価、東京臨海部の上昇続く 人口急増 ラッシュ深刻(日本経済新聞、平成29年3月22日)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム