記事一覧

#384 ソフト面支えるアイデア集約の1年か 晴海地区将来ビジョン実現への取り組み 

 中央区晴海のまちづくりの目標となる晴海地区将来ビジョンについて、平成28年度の取り組みが公表された(平成29年3月28日)。


 将来ビジョンをソフト面で支えるアイデアの持ち寄りが主な内容で、前年度のものとの比較で変化はない。ハードの面で大枠は固まったと考えられ、今後はソフト面の充実が中心か。この1年はアイデアを持ち寄り、まとめていく流れだったようだ。



▼晴海地区将来ビジョンより
名称未設定
(中央区)


 図の下部、パークタワー晴海のモデルルームがある一角がどうなるかに注目していたが、「スポーツ・教育等施設」という表記は平成27年度版と変化はない。



▼示された将来の姿
①スポーツ・健康増進
 晴海埠頭公園などの拡充➡︎スポーツの街として認知されている

②文化交流・文化教育を通じ国際感覚を育む環境作り
 地域の伝統・コミュニティを理解➡︎住民や就業者など様々な交流

③多様な世代が暮らせる住まいづくり
 子育て、高齢者世代に着目➡︎次世代の担い手が育ち地域活動が充実

④地球環境や防災機能向上
 防災訓練、環境イベント➡︎コミュニティ醸成➡︎安心安全なまち


▼平成29年度の取組
 ハード計画内容の確認
 ソフトの検討


・・・


 大枠は固まった感じ。もう大きな変化はないだろう。将来の姿はもやもやしているが、実現に向けた具体的なアクションが話し合われていくことになりそう。


(リンク)
 ファイルダウンロード晴海地区将来ビジョンの実現に向けて【平成28年度】(中央区)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム