記事一覧

#388 千葉駅東口で「マチナカ循環バス」の運行開始 千葉パルコ閉店に伴い 平成29年4月1日〜

パルコ千葉店が平成28年11月30日に閉店し、JR千葉駅とパルコ千葉店の間を結んでいたパルコバス(無料)が運行を終了した。このバスは地元から継続運行の要望が多く、千葉中央バスが平成29年4月1日から有料のマチナカ循環バス(C−bus)をJR千葉駅東口で運行を開始した。



名称未設定 
(京成電鉄)





▼概要

・運賃 大人100円 子ども50円

・運行ルート
名称未設定 
(京成電鉄)

JR千葉駅東口エリアを1日15便運行するようだ。
停留所は7箇所、20分ほどで1周する。



・運行ダイヤ
名称未設定 
(京成電鉄)


午前9時半〜正午までは30分間隔 6便
午後2時半〜午後4時まで30分間隔 4便
午後5時10分〜午後7時10分まで30分間隔 5便

1台で運行するようだ。


(参考)パルコ閉店以降のシャトルバス運行について
 千葉パルコ閉店から3週間ほど後に、JR千葉駅と旧千葉パルコに近い中央公園との間で1日47往復ものシャトルバスを運行していたようだ。これと比較すると、有料化・運行時間と短縮、便数の減少、停留所の増設などが目立つ。


始発 千葉駅東口 午前9時30分(至中央公園、所要時間8分)
終発 中央公園前 午後9時8分(至JR千葉駅、所要時間7分)



(リンク)
 

・・・

 ダイヤを見ると1台で運行するようだが、年間1000万円程度の維持経費がかかるだろう。

 千葉市では「中心市街地活性化」が以前から大きな課題になっていたと記憶している。循環バスの要望があるのは理解できるが、維持となると簡単ではないかもしれない。5年後にどうなるか。

 

(リンク)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム