記事一覧

#398更新① パークタワー晴海の北側住戸の眺望は当面確保 晴海選手村販売センター建設で

更新①パークタワー晴海の北側住戸契約者にうれしいニュース。

晴海選手村跡地住宅の販売センター(3階建)がパークタワー晴海の北側隣接地に建設されることになった。

2018031314130430f.jpeg 
(中の人撮影)



 (出典:中央区)=一部加筆、再掲


晴海まちづくりの考え方の中では、
一辺100メートル程度の大街区(複合地)の建物は

  住宅の場合、高さ150〜180メートル、

  業務・商業の場合、高さ100〜150メートルが目安とされている。


これは販売センターが撤去されるまでの間は、北側隣接地に超高層建築物が建たないことを意味する。また、まち開きや改装期間を考えると相当の期間(5年程度?)は販売センターが撤去されることはないだろう。

 当面は北側の眺望は確保されると考えていい。
 とうきょうスカイツリーや隅田川花火大会を当面は楽しめることになる。
(平成30年3月11日)



#398 パークタワー晴海で考慮すべきこと 北側の眺望について

中央区晴海2丁目に建設中のタワーマンション「パークタワー晴海」について、考慮すべきことについて。予定価格などの情報は出てきているようだが、眺望面についてのメモ。

top_mv-day.jpg 
(三井不動産レジデンシャル)




▼北側の眺望について

 パークタワー晴海の北側に広がる都心側の景色は素晴らしいものになると思うが、留意すべきポイントがある。将来、晴海小野田セメント跡地にタワーマンションなどが建設された場合、眺望面で大きな影響が出る可能性がある。



東京スカイツリー、隅田川花火大会の打ち上げ会場との位置関係はこんな感じになる。
名称未設定 2 
(中の人作成)


パークタワー晴海近くではこんな感じ。
名称未設定 
(中の人作成)


 青い点線の枠内が晴海小野田セメント跡地ということになるが、ここにタワーマンションが立った場合には、部屋によっては、東京スカイツリーや隅田川花火大会が見えない可能性がある。

 もちろん、建物の形状や高さによっても影響の度合いは変わってくるだろう。


・・・


 晴海タワーズ建設当時のように、隣接地の建設スケジュールが決まっているわけではないので、現段階ではそれほど気にする必要はないのかもしれないが、眺望を重視する検討者は留意すべき点ではないかとおもう。


(リンク)
 パークタワー晴海 (三井不動産レジデンシャル)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

更新は終了しました。

検索フォーム