記事一覧

#417 空港の低高度での風情報(ALWIN)提供サービス 羽田空港と成田空港で運用開始 平成29年4月19日〜

航空機の着陸に関する風の情報をリアルタイムで航空機側に提供するシステムALWINのサービスが実運用の段階に入ったそうだ。これまで、風情報については管制官から無線による音声通信で行なわれていたらしい。


 次世代運行システム(DREAMプロジェクト)の一環。




▼概要
 ALWIN=(空港低層風情報:Airport Low-level Wind INfomation)

 航空機の着陸経路上の風の情報(風向風速、ウインドシアー、乱気流など)の提供サービス。成田空港と羽田空港に導入、平成29年4月19日、実運用スタート。
 
 成田空港では100件/年の着陸復行(ゴーアラウンド)が発生。9割はウインドシアーや乱気流の影響。1回の着陸復行で20分の遅れ。着陸時の乱気流による乗客や乗員の死亡事故は過去10年で2回発生。


 サービス導入で安全性、定時性の向上が期待される

(管制官からの情報)
名称未設定
(JAXA)




(ALWINからの情報)
名称未設定 2
(JAXA)



(参考)次世代運行システム
dreams01.jpg
(JAXA)


 裾野は広い。ALWINはその一端。


・・・

 成田、羽田は使うことが多い。両空港に導入されたのは歓迎したい。
 着陸復行はキライ。
 会議に間に合わないとか・・・心臓に悪い。



 羽田空港及び成田空港における 「空港低層風情報(ALWIN)」の実運用開始について(JAXA)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム