記事一覧

#429 市場問題PTの築地建て替え案で選手村&BRT、アウト! 環2計画変更で5年、工期は最低10年と指摘も 

小池知事特命の「市場問題プロジェクトチーム」の内部対立が鮮明になってきた。プロジェクトチームの小島座長の私案を肉付けした「築地再整備案」が示されたが、異論が相次いだという。


この案を示すに当たって、どうやら、工法を含めた実現可能性などについて都担当課の意見すら聞いていなかったようだ。安全安心の立場から、都の会議にアイデアの域を出ないような案を出しちゃいけないと思うぞ。


日本経済新聞掲載の記事にロックがかけられておらず、すべて公表されていた。


どんな異論がでたのか読んでみた。




▼記事概要(日本経済新聞、平成29年4月27日)

・築地再整備案
  敷地内で種地を確保しながら建物の新築と移転をくりかえす「ローリング工事」



・委員からの異論の数々
 土壌汚染対策、環境アセスメントにほとんど触れていない
 ローリング工事は同様の手法で過去に頓挫
 敷地内に点在する期限切れの仮設建築の扱い、工法の実現性について築地案を主導する竹内氏は東京都建築指導課の意見を聞いていない
 工期は10年はかかると指摘
 土壌汚染調査に最低半年から1年かかると指摘
 環状2号線を含めた都市計画の変更が必要で4〜5年かかる

 小島座長 業者の合意がなければ現地再整備はできないと認めた
 過去に頓挫した現地再整備は業界合意後の着手
 合意が取り付けられても、工事が始まれば休業する順番などで紛糾するとの見方が強い


 これらの異論に対する反論はほぼ掲載されていない。
 あるのは「豊洲は総事業費が5884億円に上り維持管理費がかさむ懸念がある」ということぐらい。


・・・


今回の会議で指摘されたのは
 工期10年
 土壌汚染調査 半年〜1年
 都市計画変更 4〜5年
 業者の合意、工事に伴う休業の順番調整などは検討外


 ほかに土壌汚染対策と埋蔵文化財調査の問題もある。
 土壌汚染対策は1〜2年か。
 埋蔵文化財調査は10ヘクタールクラスで10年だった。

 単純に足せば、完成までに30年はかかる。
 目の前に完成した施設があるのに、現地再整備で時間と費用をさらに、どのぐらいかけることになるんだろう。

 不安なので安全宣言がほしいところ。




 でも、個人的な注目はそこじゃない。

 環状2号を含めた都市計画変更に4〜5年って部分。
 選手村分譲には間に合わない。環状2号も開通しないのでBRTも走らない。
 選手村をどうしたいんだ???



(参考)
 #372 選手村=「誰もが憧れ、住みたいと思える街」に危機 臨海部BRT本格運行が街開きに間に合わない可能性



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム