記事一覧

#441 FCバス乗車の感想など 高い静粛性が印象に残った

先日、初めて燃料電池バスに乗った感想など。

IMG_9657.jpg 
(中の人撮影)=再掲




▼FC(燃料電池)バスについて

運行開始 平成29年3月21日
運行系統 都05系統 東京駅丸の内南口〜東京ビッグサイト


名称未設定 
(東京都)



▼乗車した感想(平成29年5月)

営業運行開始から1ヶ月以上経ってようやく乗車の機会を得た。
有楽町からトリトンスクエア前まで乗車。銀座4丁目で満員となった。


最初につよく感じたのは実に静かだということ。
本当に驚くほど静か。
モーター音がかすかに聞こえるかどうか。
ロードノイズの方がずっと大きかった。 


車内は一般のバスよりも広く感じた。
 
(中の人撮影)


 発進時と停止時が滑らかな感じがした。
 ただ、現段階では駆動系が変わって静かになっただけ、という印象が強い。
 

・・・

 どらったら!でも触れたが、臨海部BRTに投入される計画のFCバスには東京2020大会に向けた「この先」がアナウンスされているが、環状2号の本格開通無しには実現が疑わしいものばかり。


名称未設定 
(内閣府)


 早期実現を期待したいが、あの知事さんの間は厳しいだろうと思っている。



(リンク)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム