記事一覧

#448 京成上野駅のリニューアル発表 訪日客向け案内所等の駅機能充実へ 工事は平成31年3月まで

京成電鉄が東京2020大会に向けて京成上野駅のリニューアルを発表した。工期は平成29年4月から平成31年3月までの予定。

ということは、すでにリニューアルはスタートしているということになる。観光案内所などを設ける。駅舎そのものの建て替えとか、そういう大掛かりな話には触れていない。


デザインコンセプトは上野公園の木々、文化施設の石造りイメージ。
「緑や文化との融合」をテーマとした魅力ある駅空間の創造だそうだ。





▼リニューアル概要
名称未設定
(京成電鉄)=上野駅構内図


①訪日外国人旅客など観光利用増加に対応するため、改札外コンコースに観光案内所設置
②駅サービス施設の新設とリニューアル
・ウオークインタイプのお客様カウンター新設
・幅広自動改札増設
・スカイライナー発券カウンター拡張
・券売機周りの更新
③周辺交通機関への乗換通路の旅客動線を明確化
④改札外コンコースを活用し、店舗区画更新、多機能トイレ等整備
⑤改札内トイレの全面更新。全個室の洋便器・温水洗浄便座化、女性トイレのパウダーコーナー整備


こんな感じになるらしい。

駅改札外コンコースイメージ
無題 
(京成電鉄)

改札口イメージ
無題 
(京成電鉄)


・・・


 上野は東京2020大会に向けたインターナショナル・トランジット・ポイント(①成田空港、羽田空港から乗換なしで行ける、かつ、②他路線(自社の他路線含む)へ乗換ができる駅)だった。


 年に数回は使うので、機能更新は大歓迎!


無題
(国土交通省)




(リンク)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム