記事一覧

#469 マンション販売でホログラフィックビューワー導入 野村不動産「プラウドシティ越中島」、国内初

 平成29年7月からの販売開始が予定されている、江東区越中島のマンション「プラウドシティ越中島」(305戸)で、国内では初めてホログラフィックビューワー「ホロレンズ」がマンション販売に導入されるらしい。




無題 
(野村不動産)=プラウドシティ越中島公式サイトより





▼ホログラフィックビューワー(ホロレンズ)って?
無題 




「目の前の現実世界の中に3Dの仮想現実を重ねて表示させることで、複合現実を実現する」という説明。外観ビューワーには2つの機能。

 現実と仮想現実を重ねて表示、というのがポイントらしい。


①リアルサイトビューワー

こんな感じに見えるらしい。
無題
(野村不動産)

「ホロレンズ」を使って建設予定地を見ると、建物の完成イメージを原寸大で見ることができるというもの。


②ホログラフィック外観ビューワー
 マンションの外観模型をホロレンズ越しに見るビューワー。建設工事中で入れないような場所も含め、模型を使って外観イメージを立体的に確認することが可能。



▼物件概要
(A敷地)越中島二丁目15
(B敷地)越中島三丁目4

敷地面積 7526・55㎡
構造規模 RC造地上15階建
総戸数 305戸
間取り 2LDK~4LDK
専有面積 約64~91㎡

そのほか モデルルームは7月上旬オープン予定


・・・


 パークタワー晴海の「ディズニー風アトラクション」にも驚いたが、これはこれで面白そう。コストもかからなさそうだし、マンション販売では利用が広がるかもしれない。



(リンク)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム