記事一覧

#480 マンション住民らに防災研修施設「すまラボ」開放へ 三井不動産レジサービス、平成29年6月から

マンション管理の大手「三井不動産レジデンシャルサービス」の持つ研修施設「すまラボ」を、管理対象のマンション住民や近隣住民に開放するという興味深い取り組みが始まる。
どういう利用形態になるのかはわからないが、資料を見ると個人での利用ではなく、各マンション管理組合の申請に基づいてマンション自治会や、近隣町会などの団体で利用を可能にするのではないかという気がする。



▼概要

場所 江東区豊洲5

 NBF豊洲キャナルフロント5階 三井不動産レジデンシャルサービス内「すまラボ』
・「すまラボ」でできることの例

 ①火災時の実物消火栓での放水体験

名称未設定

(三井不動産レジデンシャルサービス)

 ②避難の際のバルコニー隔壁蹴破り体験

名称未設定

(三井不動産レジデンシャルサービス)


③避難梯子体験

④ベルボーイセキュリティ(=三井不動産グループのセキュリティシステム)体験

⑤AED救命訓練

⑥マンホールトイレの組み立て体験

など

平成29年8月以降には子供向けの体験型防災クイズイベントが開催されるほか、消防署協力のもとで上級救命講習会が行われるということらしい。管理会社側と住民側のコミニュケーションを図ること、マンションでの暮らしに関する学びの場を提供することが目的のようだ。


・・・


 三井不動産グループならではの力技。今の所対象範囲ははっきりしないけど、WANGAN ACTIONのエリアは対象になるかもね。



(リンク)

 住まいと暮らしを見て、触れて、学べる“体験型コミュニケーション研修施設”豊洲本社内に開設(三井不動産レジデンシャルサービス)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム