記事一覧

#486 東京都内のUberについて 定額羽田は23区対象だが都心5区以外は超高額




東京都23区の一部でUberが利用可能になって3年。都心5区限定のサービス区域の拡大には至っていないようだが、定額料金では23区内〜羽田空港のサービスを実施している。




▼利用可能になったのは平成26年3月

 東京で利用可能になったのは平成26年3月(試験導入は平成25年11月)。山手線の南半分でサービスが始まった。平成26年8月から東京都内でのサービス開始がアナウンスされたそうだ(東洋経済)。現状はそうはなっていない。


 平成27年4月に港区、千代田区、中央区、新宿区、渋谷区と羽田空港を結ぶハイヤー運賃を定額制(中央区6800円、他4区は7600円)としたようだ。

名称未設定
(Uber)



サイトで確認すると、現状(平成29年6月1日時点)は

6100円 港区南部〜羽田空港
6800円 中央区〜羽田空港
7300円 港区北部〜羽田空港
7600円 千代田区〜羽田空港
7900円 渋谷区〜羽田空港
8300円 新宿区〜羽田空港
2万7000円! 23区内〜羽田空港

こんな感じで定額サービスを実施している。




 サービス範囲の拡大は進んでいないようだ。国内で利用可能な地域は、このほかには京都府京丹後市の一部地域のみ。

名称未設定
(Uber)

 人が少なそうな地域のようだ。


・・・



先日訪問したメルボルン。こんなツイートをした。


 台湾ではサービス自体違法化されたようだし、日本国内でのサービス拡大には相当な困難が伴っているようだ。厳しいね。

 拡大には利用者の後押しも必要かも。


(リンク)
 Uber
関連記事

コメント

No title

まあタクシードライバーの生活を守ることを優先するだろうから普及は難しそうですね。
アメリカの各都市で利用すると距離と時間帯による差はありますが半額〜1/3くらいになるだけに普及して欲しいですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム