記事一覧

#505 JR東日本が東京2020向けに4駅改良 ③新橋駅、改札外コンコースが大幅拡張

東京2020大会に向け、競技会場周辺や、ベイエリア、空港の主要乗り換え駅、合わせて4駅の改良計画が発表された(平成29年6月6日)。


4駅は有楽町、新木場、新橋、浜松町。

一駅ずつ見ていく。3駅目は新橋駅。
名称未設定 
(JR東日本)






▼新橋駅の改良
名称未設定 
(JR東日本)=大屋根


•改良のポイントは3つ。
(現状)
 名称未設定 2
⬇︎
(計画)
名称未設定 3 
(JR東日本)


①大屋根の拡張(柱の少ないホーム実現)
②山手線・京浜東北線へのホームドアの設置
③改札・コンコースの拡張(柱幅の縮小によるコンコース拡張等)、混雑緩和

・・・

 銀座口〜日比谷口間と、汐留口〜烏森口の改札外コンコースがいずれも大幅に拡張される。あとは、改札内コンコースが大幅に拡張されているのが特徴か。これにより、旅客動線がかなりシンプルになる。


(リンク)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム