記事一覧

#506 6区コミュニティサイクルの状況と品川区の状況について

6区で相互乗り入れを実施しているコミュニティサイクルの状況と実証実験の開始が予告されている品川区の状況について。品川区で実施されると、シェアサイクルの区域が大田区を含めて1つの塊になる。


名称未設定
(中の人作成)




▼各区の乗り入れ状況(平成29年4月)

発地順位(着地順位も同じ)
①江東区 約70600台
②港区 約62700台
③千代田区 約45900台
④中央区 約32500台
⑤新宿区 約9100台
⑥文京区 約7300台



発着地別の割合
名称未設定
(中の人作成)


 千代田区、港区、江東区での利用は区内にとどまるケースがかなり多く、江東区で9割近く、港区で8割以上、千代田区で6割5分。

 一方で、中央区、新宿区、文京区では、区内にとどまるのが半分、他の区へ乗り入れるのが半分、という感じになっている。


 せっかくの相互乗り入れが生かされていないと言えなくもないが、現状ではまだまだサイクルポートの展開が進んでいる最中なので、もう少し様子を見る必要があるだろう。



(参考)中央区のコミュニティサイクル事業開始からのポート数と自転車台数、利用頻度(回転率)
 平成27年10月 200台、回転率0・32回/台・日、18ポート
 平成28年10月 200台、回転率4・90回/台・日
 平成29年4月  400台、回転率2・71回/台・日、38ポート



 シェアサイクルの台数は2倍になったが、回転率は55%ほどに。
 利用回数は順調に増えているといえそう。


▼品川区の自転車シェアリングの準備状況
・実施は「平成29年度内」を予定。年内開始を目指す。
・課題があって年内のスタートは難しそうな状況。
・区内限定より広域連携が望ましい。連携はする方向
・観光スポットの多い東海道沿線中心に整備




・・・

1日2・71回/台・日というのはどうなんだろうね。


そういえば、過去のエントリにこんなデータがあった。
o0782055913654545900.jpg
(千代田区)




平成25年の数字で、ロンドンが2・11回/台・日、台北が11・6回/台・日だった。日本も台数が増えて、行政支援とのバランスが問われる段階に入りつつあるという印象。



(リンク)
 #733 料金収入だけでは「事業成立性低い」 コミュニティサイクル事業検証 千代田区 (どらったら!)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

更新は終了しました。

検索フォーム