記事一覧

#499 東京2020大会のORN公表、開通が不透明な環2は外れる 専用レーン設定で臨海部では面的に渋滞発生との試算も

東京2020大会組織委員会の会合で、現時点(平成29年6月)のオリンピックルートネットワーク(ORN)が公表された。よく見ると、立候補ファイルに盛り込まれていた環状2号線延伸部(汐留〜晴海)が消えている。


名称未設定 9
(大会組織委)


この会合の資料をみてみる。



▼会合について
 開かれたのは東京2020大会の「交通輸送技術検討会」(第1回)。
 高速道路に大会関係車両の専用レーンを全面的に設けた場合の影響が公表され、どうも、否定的な結果が出たようだ。


◯専用レーンを設けない場合
・ジャンクションの合流部・分流部では渋滞は起きず、大会関係車両は円滑に走行できた


◯専用レーンを設けた場合
・ジャンクション下流部の車線減少で渋滞が発生しやすく、上流にまで渋滞が延伸
・ジャンクションや入り口合流部近くでは大会関係車両と一般車両が混在。大会関係車両が渋滞に巻き込まれる
名称未設定 7
(大会組織委員会)




▼晴海選手村からオリンピックスタジアムへの所要時間を検証

 下図のルートについても所要時間の検証が行われたほか、一般道路に与える影響に関するシミュレーション結果も示された。
名称未設定 5
(大会組織委員会)



◯所要時間比較(晴海選手村➡︎外苑、レインボーブリッジぐるぐるおもてなしルート
名称未設定 6 
(大会組織委員会)

 大会関係車両については専用レーンがあってもなくても所要時間はほとんど変わらないが、一般車両については専用レーンがないほうが影響が少ないという試算結果。



◯専用レーン無の一般道路エリア速度
名称未設定 
(大会組織委員会)


◯専用レーン有の一般道路エリア速度
 高速道路から一般道路への交通量転換で、ORN周辺では面的に渋滞が発生。明らかに影響範囲が広がっている。
名称未設定 2 



(拡大図)臨海部は特に大きな影響。
名称未設定
(大会組織委員会)
名称未設定 4
名称未設定 3 
(大会組織委員会)


 臨海地域の一部では、渋滞のためキロ6分で走ったほうが早い(時速10キロ未満)という結果が示されている。


・・・

この結果は、環状2号線(暫定道路)が使える場合のものらしい。どうなっちゃうのかね。


五輪専用レーンは逆効果も 実証実験の結果公表 https://t.co/ZssYSmrpTS @nikkansportsさんから
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム