記事一覧

#539 燃料電池タクシー、東京に導入開始 帝都自動車交通 平成29年7月4日から



燃料電池バスは都営バスで運行をスタートしているが、タクシーにも燃料電池車の導入が始まったようだ。帝都自動車交通が平成29年7月4日から東京都内での運行が始まった。


名称未設定
(帝都自動車交通)






▼概要
運用開始 平成29年7月4日
運行地域 東京都特別区、武蔵野市、三鷹市
車両 HONDA CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)


その他 走行データ収集、運行地履歴収集など、将来の研究開発に結びつける。



◯クラリティ フューエルセルについて
名称未設定
(HONDA)



充填一回の走行距離 約750キロ
充填一回の所要時間 約3分程度
乗車定員 5人乗り
車両本体価格 766万円。

・・・

実用面でも水素ステーションの数も絶対数が足りないし、まだまだ未来の車。

まずは公用車への導入あたりから普及が進むのだろう。


(リンク)
 都内初導入 Hondaの燃料電池自動車をタクシー車両に本格普及に向け走行データの収集に寄与(帝都自動車交通)

 CLARITY FUEL CELL DIGITALBOOK(HONDA)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム