記事一覧

#551 国際ホテルブランド、マリオット系の最高級グレードホテルが銀座/虎ノ門に 平成32年春以降開業

「リッツ・カールトン」や「シェラトン」など、30のホテルブランドを擁する世界最大のホテルグループ「マリオット」と森トラストが、平成32年春以降、銀座と虎ノ門にグループの中でも最高級グレードのホテル「エディション」を展開すると発表した。東京2020大会に間に合わせる計画だ。




 「銀座2丁目のホテル」に関するエントリの答えが、嬉しい形で出たことになる。東京にはこのクラスのホテルがもっとあっていい。



(エディション銀座はこちら)
#243 銀座2丁目に超高級ホテル 隈研吾氏が内装と設計デザイン 平成32年初頭開業へ







▼マリオット・インターナショナルについて

 企業情報のページには次のように描かれている。

 6000を超えるホテルを122の国と地域に展開。世界最大のホスピタリティ企業。従業員数37万5000人。90年の歴史。あらゆる旅に対応する30のブランド。

30のブランドには
・リッツカールトン
・エディション
・セントレジス
・シェラトン
といった高級ホテルブランドがずらりと顔を揃えている。




▼エディションとは
名称未設定
(エディションホテルズ)

 ホームページを見ると、最高級グレードとされる「エディション」は現在世界に5カ所のようだ。ロンドン、マイアミビーチ、ニューヨーク、サンヤ、アブダビ。


こちらはロンドンエディション。
名称未設定
(エディションホテルズ)


平成29年7月12日〜13日の1泊料金はこんな感じ。
名称未設定
(マリオット・インターナショナル)


562ポンド、約82000円/泊から。
こういうクラスのホテルになる。




▼銀座の「エディション」=THE EDITION GINZA
20170202102105d72s_20170713044654f42.jpg
(森トラスト)=再掲


建物全体がホテルとなる。

所在地 東京都中央区銀座2
20170202103224229s_20170713045245007.jpg
(森トラスト)=再掲

敷地面積 約663㎡
延床面積 約7000㎡
客室数 約80室(スイート含む)
階数 地上13階
開業時期 平成32年春〜夏
付帯施設 レストラン、ロビーバー、ルーフトップバー、フィットネス




▼虎ノ門の「エディション」=THE EDITION TORANOMON
名称未設定
(森トラスト)

ホテル部分は東京ワールドゲートの上層階に配置される。

所在地 東京都港区虎ノ門4
敷地面積 約16210㎡
延床面積 約196190㎡
客室数 約200室(スイート含む)、地上31〜36階部分
階数 地上38階、地下3階
開業時期 平成32年春〜夏
付帯施設(ホテル部分) レストラン、バー、フィットネス、プール、スパ

6フロアに200室。こちらは小さい部屋が多いのだろうか。


・・・



 インターナショナルブランドのホテルはもっと進出してきてほしい。待ってます。


(リンク)
 世界が注目するラグジュアリーライフスタイルホテルブランド
『エディション』日本初進出 2020年 東京 虎ノ門・銀座にデビュー(森トラスト)


(参考)
 #243 銀座2丁目に超高級ホテル 隈研吾氏が内装と設計デザイン 平成32年初頭開業へ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム