記事一覧

#555 小池知事定例記者会見質疑(概要) 記者「千客万来と食のTPが酷似」➡︎知事「あなたの主観」 平成29年7月14日

平成29年7月14日の都知事定例会見より


小池知事発言メモ
・万葉倶楽部には誠意をもって説明するよう指示した。
・千客万来と「食のテーマパーク」が似ているというが主観の話。私にはわからない。
・(東京2020大会に間に合わせる)元々の計画に対し計画通りやってくれ
・築地、豊洲整備のスケジュール、収支見通しは精査中。
・豊洲対策工事➡︎速やかな移転
・築地に五輪デポ。再開発には様々な調査必要


万葉倶楽部さんが聞いたら、気分害するだろう。


NHKニュースのツイート





幹事社とのやりとりメモ。
※は中の人のつぶやき


記者)豊洲千客万来施設の事業者、知事の基本方針通り築地再開発するなら事業から撤退検討。築地再開発の詳細の説明。わずか2キロの築地に食のテーマパーク。採算が取れなくなるのは企業として当然。万一事業者が撤退すると、違約金支払いの可能性。別の事業者見つからないと年8000万の賃料入らず、豊洲市場の収支に大きくひびく。

 基本方針を示した後でも、豊洲千客万来施設を整備する気はあるのか。非常に近い築地と豊洲に似通った施設を作って採算をとれる方法があるのか。



知事)
(千客万来施設整備は)イエス。
「似通った」というが「食のテーマパーク」と言っただけ。基本計画は9局長会通じ、まず豊洲の移転確実に。次に築地の地を生かして何をしていくか検討中。「似通っている」という主観は良く分からない。

 事業者には計画通りの豊洲での事業を検討していただきたく、豊洲の賑わいを作っていくため、千客万来施設事業も豊洲市場の発展とともに進めていきたい。
事業者は速やかな説明を求められている。
 誠意をもって説明し、対応するよう市場当局に指示した。

※「食のテーマパーク」と聞いて「千客万来施設と似通った施設」と思わない方がおかしい
※ すでに東京2020大会までの開業計画は不可能になっている。


記者)似通っていないどんな再開発ができるか、食のテーマパーク、大変楽しみに待ちたい。
 事業者は速やかな説明を求め、築地、豊洲が将来どうなるか築地の業者も具体的に知りたい。6月20日、都議選告示日直前に基本方針を発表されてそろそろ1ヶ月。先週の会見でできるだけ早くスケジュールと内容を詰める指示を出したと。指示の結果、どういうスケジュールか、収支の見通しも含め都民に具体像を示せ。


知事)豊洲移転には、専門家会議で示された工事をしないといけない。確実な市場の環境整備を整えていく。これの工程表と築地の再開発には時間のラグがある。

築地は五輪デポに使うしさまざまな調査も必要。
最優先事項は豊洲市場の安全性のさらなる確保、その上で豊洲移転を速やかに。
築地は五輪デポづくり。何月にどうというのは精査している。


記者)豊洲の対策工事の開始時期は

知事)予算が必要。今後詰めたい。

記者)9月定例会で予算がついてから?

知事)それも議論したい。



※普通の知事なら「前倒しに努力したい」とか「予算がついてからになるだろう」とかいうものだけど、この知事は何も言わない。


・・・


何も決まってないし、進んでないし、説明もしていない。そんな会見。

これが現知事のスピード感か。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム