記事一覧

#597 ヤマト運輸、水上バス「東京水辺ライン」を使った貨物輸送の実証実験 平成29年8月10日から、隅田川の船着場利用

隅田川を航行する水上バスで「貨客混載」の実証実験がスタートするそうだ。ヤマト運輸と東京都、東京都公園協会が参加する。輸送ニーズや課題の洗い出しを行い実現可能性を調べる。開始は平成29年8月10日。


index_ph01.jpg 
(東京都公園協会)=イメージ








▼概要
 観光客の荷物を預かって水上バスで輸送し、観光を楽しんでいる間に目的地に配送する想定。定期運行中の水上バスで模擬貨物を輸送し、搬入搬出の所要時間、旅客輸送への影響などを確認する。

実施期間 平成29年8月10日〜31日
※初日スケジュール
 午前11時02分 墨田区吾妻橋
 午前11時50分 明石町・聖路加ガーデン前
以降は適時実施。

名称未設定 
(ヤマト運輸)


実施ルート
 浅草(二天門)、墨田区吾妻橋、両国、明石町・聖路加ガーデン前の船着場


実験用コンテナ
1 
(ヤマト運輸)


・・・


 舟運活性化がいわれて久しいが、自分の周りでの利用状況を考えてみると、事業として成立するかにはかなり懐疑的。観光客のニーズがあるのかどうか、私も知りたい。



(リンク)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
どらったら!(平成26年〜28年秋)の続き。
中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム