FC2ブログ

記事一覧

#629 Jアラート=全国瞬時警報システムにびっくり 北朝鮮が日本を飛び越す弾道ミサイルを発射

 平成29年8月29日早朝、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。TVを見ていて、突然画面がJアラート=全国瞬時警報システムの画面に切り替わったので驚いた。


 アラート直後に発射位置を北朝鮮東部と推定して作図をしたら、ハワイがちょうど進路上にきた形になったので、ツイートしたところ、3時間で2000を超えるリツイートがあり、二度驚いた。


名称未設定 
(ツイッター)


 「正距方位図法」添付でツイートすべきところを、「正積方位図法」でツイートしたという指摘もあった。どう違うのか確認しておこう。




▼北朝鮮の弾道ミサイル発射概要(航行警報より)
平成29年8月29日
0558頃 北朝鮮西岸から北東方向に弾道ミサイル発射
0612頃 襟裳岬の東1180キロに太平洋上に落下したと推定


◯参考:航行警報
名称未設定 
(海上保安庁)



▼正距方位図法によるプロット
青線は「北海道上空を通過」した場合の進路。
発射地点:北朝鮮西岸
1_201708292346539e7.jpg 
(どこでも方位図法利用)



▼正積方位図法によるプロット
発射地点:北朝鮮西岸
2_20170829234652bf3.jpg 
(どこでも方位図法利用)


・・・

 方角しか問題ではないので、どっちでプロットしても大きな差はないようだ。

 結局、北朝鮮の東岸ではなく、平壌付近からの発射であったことから、ハワイは進路から少し外れた形になったようだ。今回のミサイルの飛翔距離は2700キロ余りで、ハワイまでは8000キロ近い飛翔距離が必要なので、これには全然足りない。

 どちらにしても極めて迷惑な話。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム