FC2ブログ

記事一覧

#633 豊洲・千客万来施設着工のリミット迫る 年内回答なければ撤退濃厚

遅れに遅れた小池知事による市場移転「基本方針」の発表により、豊洲市場の賑わい施設「千客万来施設」の着工が危ぶまれている。小池知事は平成29年6月20日に基本方針を示し、7月上旬の記者会見で「できるだけ早くスケジュールと内容を詰める指示を出した」としていた。基本方針発表から2か月を経過しても具体的な説明はないようだ。



豊洲市場の観光施設 都に「損賠」請求も(FNN、平成29年8月31日)
・市場移転の具体的内容が年内に示されない場合、事業撤退と都への損賠請求検討
・小池知事が築地を食のテーマパークとして再開発する方針示し、業者側は2回にわたり質問状を出したが、明確な回答はなし。



o2012103713742464300.jpg
(中の人撮影)=再掲






▼工期のリミット迫る
 事業者の万葉倶楽部側は東京都側の回答のリミットを平成29年末としているが、背景には五輪前に開業が必須という「工期」の問題がありそうだ。


◯計画と現状
当初計画と現状をプロットしてみた。
・建設工事開始から20か月で商業エリア開業
・32か月でホテル・温泉エリアの開業

名称未設定
(中の人作成)



・・・


 温泉・ホテルゾーンを東京2020大会に間にあわせるには、建設工事を前倒しするしかない状況にあることがわかる。ダイヤモンドオンラインの記事によると、万葉倶楽部の専務は東京2020大会に間に合いそうもないことが本当に残念、と話している。年末のリミットは掛け値なしの最後通告と考えて良さそうだ。


 小池知事の決断の遅れが、大きな問題を引き起こしていると言えそうだ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム