fc2ブログ

記事一覧

#698 23区北西部と南東部で「減速」傾向 マンションの価格変動、IESIL調査、平成29年10月

ビッグデータを使った不動産サービス「IESIL」(イエシル)が毎月公表している、東京23区の不動産の理論価格動向を見る。5000万円の物件の価格変動を見たもの。約3000万件の売買履歴を元にしたデータをベースにしているそうだ。

同一基準による評価ということで、動向を見ることには意味がありそう。



先月と今月の前年比の動向はこんな感じ。

◯平成29年10月調査
15077660014813.jpg 
(IESIL)



◯平成29年9月調査
DK2bj4YV4AA840y.jpg
(IESIL)





 この1ヶ月の変化として目立つのは、対前年同月比で+4%超のエリアが消えて、−2〜−4%のエリアが現れたこと。全般に対前年比でプラス幅が減っている。

色分けの変化を見ると

15077677743530.jpg 
(IESIL公表データより作成)


・上昇方向(0区)
・変化なし(13区) 江戸川区、足立区、荒川区、台東区、北区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、港区、品川区、世田谷区、千代田区
・減速方向(10区) 墨田区、葛飾区、江東区、中央区、目黒区、大田区、中野区、練馬区、板橋区、杉並区


23区の北西部と南東部で「減速」傾向にあることが浮かび上がっている。


(リンク)




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム