FC2ブログ

記事一覧

#705 ゆりかもめ「市場前駅」前にホテル、オフィスの2棟建設 豊洲「区域4」西側の用途固まる 

 ゆりかもめ「市場前駅」の空き地に清水建設がオフィスとホテルを立てる計画が明らかになった(平成29年10月17日)。これで豊洲埠頭「区域4」の西側については用途がすべて固まった形。


 日刊建設工業新聞と建設通信新聞が伝えている。



これは知らなかったなあ。




▼記事概要

2紙の記事概要をまとめると、


所在地 江東区豊洲6(4−2街区/4−3街区)
名称未設定
(建設通信新聞より)



◯4−2街区 オフィス棟(市場前駅側)
名称未設定
(建設通信新聞)

 敷地面積 約16170㎡
 延床面積 約84000㎡
 用途 オフィス 低層部に店舗、交流施設
 階数 11階
 駐車場 約120台


◯4−3街区 ホテル棟(豊洲大橋側)
名称未設定
(建設通信新聞)

 敷地面積 約8300㎡
 延床面積 約32000㎡
 用途 ホテル(500−600室)
 階数 14階
 駐車場 約100台


◯その他
 バスステーション広場(地区内の交通結節点機能として) 約3720㎡
 貫通道路 延長90m、幅員3m
 ゆりかもめ市場前駅と2棟と接続
 ぐるり公園側に緑地 約1060㎡


◯スケジュール
 平成30年6月 都市計画決定
 平成31年3月 着工
 平成33年3月末 竣工




 いい面と悪い面があるという印象。

 まず、バスステーション広場に臨海部BRTが乗り入れるかどうか。
 これは乗り入れないのではないかな。定時性、速達性を重視した準自動運転を見据えた交通システムなので、今から計画は変えないだろう。


 オフィスとしては競争力に劣る立地。豊洲市場が隣接するので、それを生かして市場関連業者がオフィスを構えるにはいいかも。一般向きではない気がする。
低層に入る店舗は飲食店中心だろう。オフィスとホテル向けの食事向け。周囲に何もないし。


 千客万来施設の万葉倶楽部さんにとっては、どうなんだろう。
 商業ゾーンは築地再開発と丸かぶりの恐れが高い。ホテル開業は競合するが、客層が違うホテルになるのかもしれない。500−600室というのはかなり大きいホテルだ。有明の大規模施設開発と絡む狙いがあるのかも。

 千客万来施設ができない場合、ホテル近隣に飲食店がない、という状況になりそうだが、その辺も心配な点。

 そんな印象。


(リンク)
 2棟総延べ11.6万㎡/豊洲に事務所、ホテル 19年3月着工/清水建設(建設通信新聞)
 清水建設/市場前駅前(東京都江東区)でオフィスとホテル開発/自社で19年3月着工(建設工業新聞)



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム