FC2ブログ

記事一覧

#799 東京外郭環状道路(三郷南IC~高谷JCT)は平成30年6月開通 国土交通省

東京外郭環状道路の埼玉県・三郷南インターと千葉県・高谷ジャンクション間の開通について「平成30年6月」と発表された。千葉県内のルート沿いでは渋滞や交通事故の減少が期待されているようだ。


事業化は昭和45年(1970年)なので、平成30年(2018年)の開通まで実に48年かかることになる。




▼位置図
名称未設定
(国土交通省 関東地方整備局)=以下「関東地整」



・事業目的
 周辺道路の交通混雑緩和/生活道路への流入排除

・計画概要(千葉県区間)
 計画区間 千葉県松戸市小山〜千葉県市川市高谷(こうや)
 計画延長 12・1キロ
 幅員 60メートル、4車線
 設計速度 時速60キロ
 事業化 昭和45年
 事業費 5635億円
 計画交通量 33000〜45600台/日



都市計画決定当初 高架構造
名称未設定
(関東地整)



都市計画決定変更後 堀割構造
1
(関東地整)

 


◯現状(平成22年資料)
・千葉県市川市、松戸市の南北方向の県道では渋滞による損失時間が最大で全国平均の10倍。
・千葉外かん周辺の県道の死傷事故は全国平均(102件/億台キロ)のおよそ2倍の200件/億台キロ以上の場所が多数。
・千葉外かんの暫定供用で、主要地方道や市道の交通量が3〜4割減少。





 渋滞による損失時間や死傷事故は減ってくるだろう。

 事業化が昭和45年、開通が平成30年で、ほぼ50年かかった計算

 計画交通量は環状2号線(6万台/日)の半分から3/4程度か。
 現東京都知事が本格開通(当初平成31年末だったかな?)を数年遅らせてしまったわけだが。



(リンク)
国道298号東京外かく環状道路(千葉県区間)(国土交通省関東地方整備局)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム