FC2ブログ

記事一覧

【自動運転】更新① 東京2020大会向けトヨタのモビリティサービス専用EVにロータリーエンジン搭載!

おお、選手輸送にロータリーエンジン搭載EVか!

(記事より)
「トヨタが開発を進めるEVのレンジエクステンダーに、小型・薄型という利点を生かして、ロータリーエンジンが採用されることが決まった。ロータリーは低回転時の効率が非常に悪く、燃費の悪化につながるが、発電用エンジンなら、車速に関係なく効率がよい回転数の範囲のみで使えばよいため、大きな弱点にはならない。トヨタは2020年の東京オリンピック・パラリンピックの大会運営車両としての提供を計画する。」




わくわく。


【自動運転】東京2020大会期間、晴海選手村地区に導入されるかも トヨタのモビリティサービス専用EV(平成30年1月25日)

トヨタ自動車がCES2018で発表したモビリティサービス専用EVについて期待を込めたメモ。


001_20180125071157287.jpg
(トヨタ自動車)


これは晴海選手村地区に導入されるかもしれないと思う。



▼モビリティサービス専用EV「e-Palette Concept」概要

2分ほどの動画には多彩な利用例。これは面白い!


(トヨタ自動車)



・電動化/コネクティッド/自動運転技術を活用
・複数のサービス業者による1台の車両の相互利用(将来)
・サイズバリエーション(将来)➡︎効率的・一貫した輸送システムなどサービスの最適化目指す
・事業者のニーズに対応した内装設定



◯スケジュール
2020年 一部機能を搭載した車両が東京オリンピック・パラリンピックのモビリティに
2020年台前半 米国ほかでのサービス実証目指す


◯e-Paletteアライアンスの初期メンバー
アマゾン、DiDi、マツダ、ピザハット、UBER




 根拠はないが、これは大会期間中の選手村内での運行を想定しているのではないか。東京2020大会後に選手村後利用の住宅エリアを循環するモビリティサービスとして残るととても面白い。

 選手村エリアでは住宅間の移動やマルチモビリティステーションへの移動への利用が可能だろう。選手村地区と晴海2丁目の交通結節機能用地を結ぶ自動運行なんかもできるかもしれない。


 トヨタ社長はこんな話をしている。
「私たちは、e-Paletteを始めとした現在開発中の多くのモビリティ技術により、東京2020オリンピック・パラリンピック大会の成功に貢献していきたいと考えています」(CES2018、社長スピーチ


 少しは期待していいんじゃないかなあ。


(リンク)
 トヨタ自動車、モビリティサービス専用EV “e-Palette Concept”をCESで発表(トヨタ自動車)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム