FC2ブログ

記事一覧

【幕張新駅】JR東日本が費用負担受け入れ 平成30年度中に設計着手へ 自由通路は「先送り」

JRが費用負担を飲んだようだ。設計着手が今年度中というスケジュールで、極めて大きな前進。(平成30年4月20日)






【幕張新駅】新駅設置に関する基礎調査の結果公表 費用負担案固まる(平成30年2月1日)

JR東日本が「幕張新都心拡大地区新駅設置調査会」の委託を受け実施した「幕張新都心拡大地区新駅」の設置に関する基礎調査の結果が公表された(平成30年1月31日)。


 公表を受けた調査会の会議で、新駅建設費用負担割合について、イオンモールが1/2、千葉県と千葉市が1/6を負担し残り1/6をJR東日本に求める案がまとまったそうだ。

一歩前進。



◯新駅イメージ
名称未設定
(JR東日本)




◯位置 千葉市美浜区浜田3
名称未設定
 (JR東日本)


◯概算事業費
 約180億円(調査報告)➡︎約130億に見直し



◯駅舎
名称未設定
(JR東日本)


◯ホーム
 全長 約210メートル
 線路間に2階層(下りホーム1階、上りホーム2階)
 エスカレーター 2基/エレベーター 1基
名称未設定
(JR東日本)


◯自由通路
 駅舎と分離 全長約150メートル、幅員約4メートル
名称未設定
(JR東日本)



※自由通路は「先送り」(日経xTECH、平成30年4月25日)

事業費の約180億円が130億円と、50億円減ったのは自由通路の整備先送りに伴う減額ということになる。記事を見ると、自由通路の50億円分は協議会が効果を疑問視ということなので、事実上の整備撤回に近い印象。




◯概算工期
 新駅(駅舎・ホーム) 約6年
 自由通路 約7年

名称未設定
(JR東日本)



 委託調査。費用負担の骨格案が固まったのは一歩前進。

(リンク)
 幕張新都心拡大地区新駅設置に係る基本調査結果の概要 (千葉市、習志野市、イオンモール、千葉県企業庁)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム