FC2ブログ

記事一覧

【中央区】平成30年度予算案を見る 築地川区間の上部空間活用検討、晴海わんわん公園整備など

平成30年度中央区予算案の主な部分。

新年度予算の目玉はこれかな。

○首都高速道路上部空間の活用調査
 首都高築地川区間を人工地盤で覆い、現在分断されている銀座と築地を一体的につなぐための調査検討。

こんなイメージ。
名称未設定
(中央区)

あとは
・晴海臨海公園にわんわん広場整備
・佃公園の桟橋設置


▼主な施策

○東京2020後にめざすまちづくり
名称未設定
(中央区)




○保育定員拡大(2年で+667人程度)
平成29年4月1日 定員4704人
平成30年4月1日 定員5220人(見込み)
平成31年4月1日 定員5371人(見込み)

平成31年4月開設 1園(認証園からの移行)
 日本橋久松町のみ
平成31年10月 水谷橋公園内保育所開設(予定)



○公園・児童遊園の改修
・豊海運動公園 多目的広場、遊具施設、防潮堤
佃公園 護岸改修、桟橋設置
・晴海臨海公園 わんわん広場の整備
など



○水の都プロジェクトの推進
・朝潮運河護岸上部(月島2、晴海1)
・月島側緑の散歩道(月島4)



○駐輪場整備
・勝どき駅地下駐輪場 702台➡︎814台(整備。平成31年3月〜)
・月島駅地下駐輪場(一時利用枠拡大、50台➡︎100台)



○首都高速道路上部空間の活用調査
 首都高築地側区間を人工地盤で覆い、現在分断されている銀座と築地を一体的につなぐための調査検討。
・対象区間 三吉橋〜新尾張橋(約1キロ)
名称未設定
(中央区)

・調査期間 平成30年4月〜平成31年3月



○日本橋上空の首都高速地下化 予算 約1400万円
・首都高地下化と連携する日本橋周辺のまちづくりへの影響など調査委託



○晴海地区の小学校・中学校の整備(晴海5)
・平成35年度 開校予定


○本庁舎整備検討
・基本方針策定 平成31年3月


○晴海4丁目施設整備
・施設内容 特別出張所、認定こども園、保健センター、お年寄り相談センター、図書館
・平成35年度 開設予定




大きなサプライズはなかった印象。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム