FC2ブログ

記事一覧

【小池知事】定例記者会見まとめ 築地再開発検討会議と情報公開がテーマ 平成30年4月21日

小池東京都知事の定例記者会見(平成30年4月20日)。
会見のメインは受動喫煙防止条例案だが、エントリ的には築地再開発検討会議と情報公開がメインテーマ。


▼築地再開発検討会議
(記者)
・築地再開発検討会議の骨子案、具体的施設名などなし→方向性出ず。方向性について東京都に任された形。
・万葉倶楽部は「早く方向性を出して欲しい」と要望。スケジュールは?

(知事)
・検討会議は大きな視点から築地のまちづくりを検討している。
・事業者には25日までに事業実施の意思を明確にするよう求めた

(記者)
・ちょっと答えになってないんだけど。

(知事)
・検討会議のとりまとめを参考に、都としてまちづくりを検討する。



▼情報公開
(記者)
・樋口議員のメールに公開請求をかけたが2つの理由で非開示
 ①途中段階の文書であって、都政に混乱を招く恐れ
 ②議員からの信頼をそこなうおそれ

・①についてはすでに速記録が公開されている。②については、議員とのやりとりはすべて非開示にできてしまう。
・情報公開徹底を一丁目一番地、改革の一丁目一番地と掲げる小池知事は開示を指示しないのか

(知事)
・規定に基づいて非開示にしたと聞く。
・議員の質問形成過程をどこまで出すかは議会なりで全会一致でやったらどうか





今回は、記者質問、知事回答とも対象部分全文で。

【記者】わかりました。次は、昨日、築地再開発検討会議で、骨子案がまとめられたので、その件について伺いたいと思います。さまざまな空間イメージや段階的な整備というか、再開発といった視点を提示されましたけれども、具体的な施設名や施設内容は示さないということでまとまったと聞いています。そうしますと、今まで知事は、「築地の再開発の方向性は有識者検討会議では議論していただいていますから」と仰ってこられたわけですが、ボールをある意味都に投げられるというか、都の責任において具体的な内容を詰めていくということになると思うんですが、千客万来施設の運営事業者さん、万葉倶楽部さんは、その「築地の再開発の方向性を早く示してほしい」と仰ってると思います。都として今後、どういうスケジュールでというか、どういう方法で築地再開発の具体像というか、未来像を示されていかれるのか、お考えをお聞かせください。

【知事】昨日も、さまざまなご意見を出して活発な議論がされてまいりました。まさに鳥の目で、大きな視点の取りまとめに向けて、着実におまとめいただいていることに感謝したいと思います。今後、この取りまとめ、参考にしながら、都としてどのようなまちにしていくのかということを一つずつ、この段階も踏まえながら決めていくことになろうかと思います。これまでも、いろいろなこの基本指針の中でお示しをしたことについても、一つの考えとしてお示しをしているわけでございますけれども、検討会議においてはまさに大きな観点から、視点から築地のまちづくりということをどのようにしていくのかご検討を重ねていただいているところでございます。
それから、千客万来の方につきましては、これまでも真摯に両者合意の上で3月末を目途として、協議を進めてまいったところでございます。できる限りの対応をしてきたところでございます。事業者において、現在検討していただいているところでございますが、一方で、もう4月も半ばということでございますので、事業者の方には、今月の25日(水曜日)、来週までに、事業実施に向けたご意思を明確にしていただくように、先方に文書としてお渡しをしたところでございまして、その結果を踏まえて、早急に対応していくということでございます。

【記者】ちょっとすみません。お答えになってないと思うんです。築地のまちづくりの具体像は、今後どういうスケジュールで、どういうふうにお示しになっていくのかという方法とスケジュール感という。

※知事の回答、ひどいな。何も聞いていない。


【知事】スケジュールについては、検討会議で昨日は骨子案のそのまとめをお願いをして、そして、協議を重ねていただいているところでございます。その中で、この築地まちづくりの大きな視点の取りまとめを参考にしながら、都としてどのようなまちにしていくのかということを検討していくということでございます。


※これも「スケジュール感」に対する回答になっていない。


【記者】わかりました。もう1点、それに関連して、情報開示のあり方について伺います。この、樋口議員が送ったメール及び文書に関して、共同通信で情報開示請求をいたしましたが、二つの理由で非開示とされました。それについて、専門家にそれぞれご意見も伺ったんですが、非開示理由としてあまり適当じゃないんじゃないかというご指摘もありました。というのは、一つの理由が、途中段階の文書であって、都民に混乱を招くおそれがあるということでしたが、これは質問自体、もう既に速記録がホームページに公開されておりますし、これが質問であると誤解される可能性はないんではないかという点が一つ。
もう一つは、議員からの信頼を損なうおそれがあるという、ちょっと信じられない理由でしたけれども、そういった理由で開示、非開示を認めてしまうのならば、議員との間のやりとりは全てを非開示にすることができてしまうと思うんですが、情報公開徹底を一丁目一番地、改革の一丁目一番地と掲げる小池知事として、こういった文書を開示するよう指示なさるおつもりはないでしょうか。

【知事】今回、非開示とさせていただいたのは、情報公開条例の規定に基づいて非開示としたと報告を受けているところでございます。議員の質問形成過程、政策の形成過程ということについては、皆様方に対して開示をしているケースが多いかと思います。議員の場合の質問形成過程というのをどこまで出すかという、それについては、むしろ議会の方で全会派一致で決めていただくなりする必要があるのではないかと思っております。そして、情報公開というのは、必要なことだと基本的に思っておりますし、また、かねてより申し上げておりますように、できるだけ多く公開することによって政治へ、また行政への信頼が高まるものだと私は常にそのように考えております。


※「規定に沿って非開示にした。変えるなら議会で全会一致でやるなりしなさい」「情報公開は一丁目一番地」の内容はこんなもの。


【記者】知事が仰るように、専門家からご意見を伺うのが当たり前であるならば、そういったどういうご意見を伺ったのか、あるいは、その途中段階の質問案であっても、樋口議員が開示なさるべきだとお考えだと理解して良いわけですか。

【知事】そこは、樋口議員の考え方だと思っております。

【記者】わかりました。長くなってすみません。
各社、どうぞ。



【記者】MXテレビの白井です。先ほどの千客万来施設について、4月25日(水曜日)までに事業者に、答えるように文書を送ったということですけども、その文書の内容として、これまで都としては、賃料の割引ですとか、そういったことを提示されていたかと思いますけれども、新たなその条件ですとか、そういったものを提示したのかどうか。あと、その25日までに、もし回答がなかった場合は、都としてはどういった対応をとられるのかお願いします。

【知事】一部報道というのは、記者だと思いますけれども、事業者との交渉内容を現時点で明らかにすることというのが、まさしく交渉過程をお知らせすることが、ありとあらゆることに適用されるかといったら、何も決まらなくなってしまうことが懸念されます。ましてや、これは、事業として、あちらも経営という観点から考えておられると思っておりますが、いずれにせよ、詳らかに一つひとつの交渉過程を申し上げるのは、適切だとは考えておりませんので、都としてできる限りの対策、対応は行ってきたとのみ、お伝えをしたいと思っております。一部報道では、賃料1割、2割の減額では駄目で、5割なら良いみたいな話が出ているという報道には接しましたけれども、それらについて、その後どのような交渉をするかとか、それはあまりお伝えするべきではないのではないかなと思っております。
いずれにせよ、4月25日(水曜日)、回答いただくということで、そちらの方からお願いしているところであります。それを待ちたいと思います。

【記者】回答が来なかった場合というのは、特には想定していないと。

【知事】いや、4月25日(水曜日)のご回答をお待ちしているというところです。



 千客万来施設にも情報公開にも興味がないことがよくわかった会見だった。


 千客万来施設は撤退+訴訟になるのか、事業継続の意思表示+補償要求になるのかはわからないが、小池知事が出した「基本方針」が原因なんだけどね。


(リンク)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム