FC2ブログ

記事一覧

#281 江東区全域でマンションの透明ガラスバルコニー禁止 景観計画を一部改定、来年1月から

江東区が景観計画を一部改定するようです。ベランダやバルコニーの洗濯物が色彩のバランスを壊さないようにするために新たにルールを設けるということで、今後、江東区内ではのようなマンションは見られなくなりそうです。


(出典:住友不動産株式会社)




▼改定の内容

景観形成基準に

「集合住宅のバルコニーやベランダについては、道路から洗濯物が見えにくい構造・意匠とするとともに、エアコンの室外機等が目立たないよう配慮する」

という内容を新たに加えるというもので、年明けに施行されます。こういう景観形成基準は東京都では初めてで、対象は江東区内全域となるようです。



(出典:江東区)


注目すべき点は赤い文字で書かれた部分です。

既存の集合住宅であっても、建替やバルコニー・ベランダの大規模修繕などの際には新しい基準が適用されることになります。

江東区議会議員のHPでは
「今後は新しい集合住宅の建設改修の際、これを守らないと区からの許可が下りないということなる」と紹介されていました。





(出典:江東区の鈴木あやこ区議会議員HPよりお借りしました)



この内容だとマンションのベランダでは間隔の広いルーバーや、透明ガラスのバルコニーは江東区ではNGということになりますね。



 江東区内の住宅の7割が民間マンションや公団住宅・都営住宅などの集合住宅だそうです。江東区ではオリンピック決定以前から「江東区のまちづくりに協力してほしい」ということで、地域ごとに色彩の基準を決めてデベロッパーに基準に合わせるように指導してきたそうです。今回は対象を江東区全域に広げて明文化したことになります。


 景観形成基準について話し合う会議では委員から「ちょっとしたところに変なものが出てきたりすると景観が崩れるためパリでは40年以上前からベランダの洗濯物を禁止した。日本が追いついてきたようで、嬉しく思う」という賛成意見が出ていたようです。

 反対意見はあったのでしょうか。



追加①
 景観重点地区
(深川万年橋・亀戸・深川門前仲町)以外、かつ建物が延床面積が1000㎡未満で高さが15m未満の場合は対象外となるようですので付記しておきます。


(出典:江東区)=タイトルと凡例の位置修正



(参考URL)
江東区景観計画 (江東区)


(関連エントリ)
テーマ 地域情報(江東区)


追加① 12月2日午後4時
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム