FC2ブログ

記事一覧

【千葉市】スマホによるオンライン服薬指導実施を提案 国家戦略特別区域会議で千葉市 対象は幕張ベイタウンと若葉住宅地区

 幕張ベイタウンと、それに隣接する若葉住宅地区を含む千葉市美浜区内の2カ所で、スマホやタブレットを使って診療から服薬指導、さらに薬の受け渡しまでを行う「一気通貫」のオンライン医療の実現に向けた動きが加速する。


 千葉市が平成30年5月の国家戦略特区会議で提案し、その内容を公表した(平成30年6月5日)。


◯若葉住宅地区のイメージ
ani_bg04.png
(幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス)






▼提案された「一気通貫」のオンライン医療内容

◯対象エリア
 幕張ベイタウン(千葉市美浜区打瀬1〜3丁目)
 若葉住宅地区(千葉市美浜区若葉3丁目) 
  ※入居は平成31年4月以降。今後実施を検討。

名称未設定
(千葉市)


・エリアの特徴
 約25700人/㎢
 将来のドローン配送を目指すエリア
 街びらきから20年以上経過
 40〜50歳が11000人(市内1位):今後爆発的に高齢化進むおそれ
 県外通勤者5400人(市内1位)
 19歳までの人口4800人(市内上位)
 

◯規制改革提案
 オンライン診療が行われた患者については、その患者の居住する場所にかかわらず、都市部においてもオンラインでの服薬指導を可能とする。



◯想定される効果
 就業者、高齢者、子育て世帯などでの生活利便性向上、薬局・医療機関での待ち時間に対するストレスからの開放と時間の有効活用。



◯提案の背景
・都市部にもオンライン診療利用者がいる
・高齢者人口の増加により、在宅診療が必要な患者の数がさらに増加する見込み
・通院の手間などから慢性疾患の治療中断が生じ、重症化が懸念される




◯実施スキーム
1
(千葉市)


「一気通貫」オンライン診療の流れ
①オンライン服薬指導を受けたい旨の申し出(患者→薬剤師)
②動画品質の事前確認
③オンライン診療の実施(医師)
 オンライン診療の受診(患者)
④オンライン服薬指導を受けたい旨の申し出(患者→医師)
⑤処方箋内容の説明
⑥特定処方箋の送信(医師→薬剤師)
 処方箋内容送信(医師→患者)
⑦調剤
⑧オンライン服薬指導の実施(薬剤師)
 オンライン服薬指導の受診(患者)
⑨将来的にはドローンを含む宅配(民間事業者)






 提案段階のようだが、病院やクリニック、薬局に出かけることなく、診療から薬の受け渡しまでを行うという、「まちの高齢化」を見据えた実験か。

 ドーロンによる配送といい、若葉住宅地区は実に面白い。


(リンク)

 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム