FC2ブログ

記事一覧

【晴海3】更新① 東地区のパークビル解体工事、発注は三菱地所 平成30年7月

更新② 跡地に何ができるのか判明するのは年内ぐらいの見通しらしい(平成30年10月)。





更新① 気がつかなかったが、解体工事の発注者は三菱地所だった(平成30年7月27日)。

GOPR0801.jpg
(中の人撮影)


現状(平成30年7月)
GOPR1112.jpg 
(中の人撮影)

やはり、「オフィス+ホテル」か「オフィス+商業施設」かなあ。




【晴海3】東地区「複合地」で解体進む 平成30年6月

晴海3丁目東地区で既存ビルの解体が進んでいる。
後継となる建物の概要等は不明。


c2-3-6.jpg
(晴海をよくする会)=赤字、赤枠は加筆






▼解体中の建物
①晴海パークビル、晴海パークビル新館
GOPR0796.jpg
(中の人撮影)



②日産自動車販売
GOPR0799.jpg 
(中の人撮影)



都市計画情報より
名称未設定 
(東京都)=赤枠、白文字は加筆


都市計画情報ではいずれも「商業地域」で建蔽率80%、容積率500%となっていた。
また、「晴海まちづくりの考えかた」の中の「都市機能」はいずれも「複合地」だった。

晴海パークビルは「中街区」相当と考えられることから、最高高さは100メートル程度※。日産自動車販売は「小街区」相当と考えられることから、最高高さは80メートル程度※となる。

※まちづくりの考え方に記載



(参考)ホテルフクラシア
GOPR0800.jpg 
(中の人撮影)


旧晴海グランドホテル。
平成30年6月1日に、北海道を中心にホテルを展開するカラカミ観光系の施設としてリニューアルオープンした。
名称未設定 
(カラカミ観光)


旧晴海グランドホテルはどちらかというと、研修や修学旅行に特化したホテルだったと思うが、リニューアルにより一般の観光客向けの普通のホテルになったという印象。






 晴海3丁目交差点周辺が、今後どうなっていくのか少し楽しみだが、解体がバラバラで進められていることから、一体型の大規模再開発は今のとことなさそう。


「複合地」なのでホテル+オフィス、商業施設+オフィスという感じだろうか。

ただ今から建設しようとすると、もろに東京2020大会に絡む。
オリンピックのセキュリティの問題も生じるし、晴海通りに工事に伴う負荷もかかる。
すると着工は2020大会後か?
あるいは大会前着工、大会期間休工、大会後工事再開?

よくわからん。

そんな感じ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どら

Author:どら
①どらったら!(平成26年〜28年秋)
②dorattara(~29年11月)
の続き。

中央区とその周辺に関するメモ。

検索フォーム